春から秋にかけてのダイエットはこれだ

季節に合わせてダイエット方法を変える

ダイエットを行うに当たり一番最初に実行するのが食事制限かもしれません。

 

良く流行っている炭水化物抜きです。これは確かに効果的でこれ以上脂肪を付けない為には必要な方法です。

 

炭水化物以外にも糖質もある程度の摂取制限は必要です。

 

そしてもう一つとして有効な方法が有酸素運動です。運動になれない方は、ウォーキングから始め、徐々に強度の高いジョギングへと遂行する事をお勧めします。

 

有酸素運動は直接脂肪を燃焼してくれダイエットとしては最適です。

 

春や秋はとても心地よい季節なので楽しく実行できます。夏であれば熱中症に注意して、午前中や夕方に行い適度な汗をかくと気分が違います。有酸素運動ではこまめな水分補給を必ず行ってください。運動時間は30分以上を目標にして週に3〜4日程度が理想です。

冬のダイエット方法はこれだ

季節に合わせてダイエット方法を変える

冬の場合は季節が他とは違うのでダイエット方法を変えて行います。

 

冬は一年を通して脂肪燃焼効果が一番高い季節です。

 

それは、春から秋にかけてよりも基礎代謝が高いからです。人間の体温は筋肉で作られて平均体温を維持しています。冬は気温が下がるので脂肪を燃やして熱を作る為に基礎代謝が上がるのです。

 

その為、冬は有酸素運動から筋トレに変えてトレーニングする事で、基礎代謝の源の筋肉を鍛え量を増やしていきます。

 

しかし。筋肉を付ける事はある程度の脂肪も付いてしまいますが、それは他の季節で有酸素運動を行い削ぎ落としてしまえば良いので、気にする必要はありません。筋肉を付けるメリットは脂肪燃焼効果によって、太りにくく痩せやすい体が作れる事です。女性は締まった体を手に入れるには近道になります。

年間を通して続ける事を考えて

季節によってトレーニング方法を変えて行う事で、それぞれで最大の効果を発揮できます。あくまでも重点を置くのが有酸素運動か筋トレなのかの違いですが、これを実行するのとしないのでは全く違う結果が出ます。

 

しかし、夏でも筋トレをたまに行う事をお勧めします。有酸素運動を行うと脂肪が燃えますが、筋肉も多少なりとも減っていきます。

 

筋肉をある程度維持する為にも、週に1回は実行する事をお勧めします。冬でも気分転換で、有酸素運動を適度に取り入れても良いです。年間を通してバランス良く実行し、続ける事が大事です。

 

運動を習慣化する事で、ダイエットに成功し太りにくい体を手に入れる事ができます。それ以外にもストレス解消や健康増進にも繋がり、思ってる事以上の効果が感じられればダイエットが成功です。